2018年12月11日火曜日

第4回緩和ケア研修会を開催しました

平成30年12月1日(土)、2日(日)の2日間、第4回市立島田市民病院緩和ケア研修会を開催し、院内、院外から医師、看護師、薬剤師合わせて19名が参加しました。
この研修会は、厚生労働省の開催指針に沿った内容で、緩和ケアに関する基本的な知識を講義やワークショップを通して学びました。
今回は、講師として院内の医師に加え、静岡県立総合病院から矢崎敏之先生、藤枝市立総合病院から吉野吾朗先生・福島一成先生、焼津市立総合病院から小平誠先生、磐田市立総合病院から中澤秀雄先生をお迎えし、充実した研修会となりました。






第11回市民ふれあい講座「必ずしてもらいたい!急変時の対応」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第11回目を12月11日に開催しました。
今回のテーマは、「必ずしてもらいたい!急変時の対応」です。講師は当院の救急看護認定看護師の湯沢看護師が務めました。

今回は、急変時に救急車が到着するまでの間に皆さんに対応いただきたいことについてです。
1) 総務省消防庁:平成28年版救急・救助の現況
 上グラフをご覧ください。グラフは心停止となってから電気ショックまでの時間と救命率を示したものです。電気ショックが1分遅れるごとに救命率は10%ずつ低下します。いかに初期対応が重要かがわかると思います。救急車が現場に到着するまでの時間は、場所によって違いますが、この時間の対応が生死を分けることに繋がると講師から説明がありました。


心停止患者の生存退院率は、残念ながら約2%と低い数値ですが、目撃者がいて、AED(自動体外式除細動器)が適応できれば16%まで上昇するそうです。


そこで、皆さんに対応してもらいたいことは、上図の①~⑤です。①「反応の確認」、②「通報」、③「呼吸の確認」をして、呼吸が無い場合は、躊躇せずに④「胸骨圧迫」、⑤「AED」を実施してほしいと講師は呼びかけました。

④胸骨圧迫
⑤AED
AED使用時の注意点
「胸骨圧迫」と「AED」の手順は、上図のとおりです。講師は、実際に、トレーニング用マネキンを使って実演しながらわかり易く解説しました。




会場の皆さんも講座終わりに替わる替わるにマネキンを使って、胸骨圧迫を体験していただきました。短い時間でしたが模擬体験することで、急変時に対応する心構えに繋がっていただければ、ありがたいです。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は12月18日(火)10時頃から「インフルエンザ~流行状況から感染対策~」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!






2018年12月5日水曜日

12月4日に『おいしいお茶の淹れ方教室』を開催しました。

12月4日(火)に糖尿病患者会「蓮台」主催の『おいしいお茶の淹れ方教室』を開催しました。糖尿病患者会では、これまでも年2回程度研修会を開催してきていますが、今回は、初めての試みとして、JA大井川と協力して研修会を行いました。



このアイデアは、小学生を対象に行ってきた『お茶の淹れ方教室』を糖尿病の患者さんも時には、おいしいお茶と菓子でリラックスして欲しいとの想いで企画したとのこと。



JA大井川のお茶指導員から「お茶の淹れ方」レクチャーがあり、「やぶきた」「さえみどり」「つゆひかり」の3種類のお茶を飲み比べました。



お茶菓子は、Locco(ロッコ)「静岡県藤枝市前島1-4-8」の低糖質チーズケーキ、シャトレーゼの低糖質どら焼き、金谷みかんなどを味わいました。聞かれなければ、低糖質とは判らない満足感がありました。



お茶の淹れ方のポイントは、70℃に冷ましたお湯で60秒蒸らすことで、うま味成分の「テアニン」がお湯に溶け出すとのこと。



レクチャー通りに淹れると、飲みなれた「やぶきた」茶も、いつもより香とうま味が立っていました。「さえみどり」は、鮮やかな緑とスッキリとした味わい。「つゆひかり」は、シェーカーを使って冷茶仕立て、冷茶ながら濃厚なうま味が感じられました。



患者さんは、食前と食後の血糖値の変化から自分の体の特徴を確認するため、血糖値を測定します。



最後に当院の糖尿病・内分泌内科の大石主任医長から、糖質をずっと制限して我慢するよりは、たまにはお茶とお菓子でリラックスすることも体に良いですよとの話がありました。



JA大井川の皆様、おいしいお茶の提供、ありがとうございました。





病院クリスマスふれあいコンサートを開催しました。

平成30年12月4日(火)午後7時から待合ホールにおいて、病院クリスマスふれあいコンサートを開催しました。このコンサートは、病気や怪我と闘っている入院患者さんにリラックスできる時間をすごしていただき、少しでも早く元気になっていただきたいとの思いから、年2回(七夕とクリスマス)開催しています。


今回は、「マッキー・キムラ」さんのマジックと歌声カフェ「コスモス」皆さんによる演奏です。

前半のマジックが始まりました。「マッキー・キムラ」さんは、現在、ばらの丘1丁目の町内会長を務めており、マジックは定年退職後から始めて10年になるとのこと、敬老会、小学校などにボランティアで月平均6~7回も手造りのマジックショーを開催しているそうです。




モットーは、「楽しく、華やか」とのこと、次から次に色とりどりのマジックが披露され、横からみても全く、タネも仕掛けも判りません。お見事の一言に尽きます。


後半の部です。歌声カフェ「コスモス」の皆様は、福祉会館「あけぼの」を拠点として活動している歌のグループで、2ケ月に1回程度、デイサービスセンター等を訪問し、ボランティアでの演奏を行っています。モットーは、歌声喫茶のような雰囲気で『気ままに楽しく歌おう』とのこと。


皆さん、ギターやハーモニカ、ベース、ウクレレ等の様々な楽器を持ち寄って演奏していただきました。曲目は、どこか懐かしく、口ずさんでしまう選曲で「一人の手」「紅葉」「公園の手品師」「いい湯だな」「ジングルベル」「二人でお酒を」「見上げてごらん夜の星を」「故郷」を演奏、会場の皆さんも一緒に歌っていただきました。


素晴らしいマジックと楽しい演奏、ありがとうございました。


2018年11月20日火曜日

第10回市民ふれあい講座「肩こりにならないために」を開催しました。

 外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第10回目を11月20日に開催しました。



今回のテーマは、「肩こりにならないために」です。講師は当院の青島健太副主任作業療法士が務めました。



皆さんは、「肩こり」をお持ちですか、不自然な姿勢を長く続けたり、精神的なストレスなど原因で起こる「肩こり」は、現代人が抱える悩みでもあります。つらい「肩こり」ですが、一番の原因は猫背だそうです。パソコンやスマートフォンを使っている時に猫背になっている人も多いのではないでしょうか。「肩こり」をお持ちの方は、まずは、まずは、ご自分の姿勢を確認しましょう。

次に、肩こり改善のための簡単なストレッチと運動の紹介がありました。



簡単にできるこの体操ですが、痛みが出ない程度に無理せずに行ってください。
そして、ストレッチと運動をどちらも継続的に行うことで、少しずつ効果が出てきます。





多くの方にお立ち寄りいただいき、一緒に「肩こり」改善の体操ができました。



「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は12月11日(火)10時頃から「急変時に対応について」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!
今後のスケジュールはこちらをご覧ください。

2018年11月13日火曜日

第9回市民ふれあい講座「脳卒中 症状出たら、すぐ受診!」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第9回目を11月13日に開催しました。
今回のテーマは、「脳卒中 症状出たら、すぐ受診!」です。講師は当院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の松林看護師、症状を紹介する劇では、脳神経外科病棟の萩原主任看護師が演者を務めました。
脳卒中は、脳の血管が原因で起こる疾患「脳梗塞」「脳出血」「クモ膜下出血」の総称で、脳血管疾患とも呼ばれています。この疾患以前は、日本人の死因の1番でしたが、ここ数年は、「悪性新生物(ガン)」「心疾患」「肺炎」に次ぐ4番となっています。しかし、実は介護が必要となる主な疾患としては、脳卒中が1番だそうです。医学の進歩により、脳卒中で亡くなることは、少なくなりましたが、元気な方が突然、介護が必要な状態となってしまう場合もある、とても怖い疾患です。どうしたら脳卒中を防ぐことができるのでしょうか。
まずは、脳卒中にならないように日頃から予防することです。上図が脳卒中予防の10カ条です。全部が無理でもできることから、生活習慣を改善していきましょう。
次は、今回のテーマでもある「症状が出たら、すぐ受診!」です。萩原主任看護師のある症状を再現した劇から、気を付けたい症状の解説がありました。症状のポイントは、早くの英単語「FAST」で覚えると簡単です。「FAST」の1文字をそれぞれ、Face=顔の麻痺、Arm=腕(足)の麻痺、Speech=言葉の麻痺で覚えましょう。
最後のTはTimeで、発症時刻のこと、脳卒中は治療の遅れが命に関わるだけでなく、後遺症の大小にも関わってきます。特に発症から4.5時間以内(院内検査時間を含めて)が、血栓を溶かす薬を使えるかの目安、発症時間が不明な場合も使用できないとのことです。症状が出た場合は、すぐに受診することが大切です。
最後にホワイトボードを使って、脳卒中が起こる仕組みの解説もあり、とても盛り沢山の講座に多くの皆さんが立ち寄ってくれました。
「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は11月20日(火)10時頃から「肩こりにならないために」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!
今後のスケジュールはこちらをご覧ください。

2018年11月7日水曜日

第4回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ

【第4回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ】
~お互いの仕事を知ってつながろう ~

11月21日(水)に当院で第4回しまだ看護つなぎ隊を開催します。
今回は「腎不全について」と「透析患者の日常生活について」をテーマに講義を行った後、「腹膜透析用医療機器」の実演を行います。
島田市内で働く看護師さんなら誰でも参加いただけますので、皆さん是非参加してみて下さい!
申込みは下記のチラシでFAXをいただくか、問合せまでご連絡ください。
【申込み締切:11月16日(金)】

★過去の開催の様子★
【第1回】
【第2回】
【第3回】

2018年10月19日金曜日

第3回しまだ看護つなぎ隊を開催しました。

 10月17日(水)13:30~第3回「しまだ看護つなぎ隊」を開催しました。
 第3回目の今回は糖尿病に関する講演とグループワークを行いました。

 第1部として、当院の糖尿病・内分泌内科の大石医師が講師を務め「糖尿病の治療と在宅での生活管理上の注意点」と題して講演を行いました。糖尿病の薬の種類や特徴からシックディの対応方法などを説明し、糖尿病に対する薬物治療の理解を深めました。

 第2部として、8月~9月に行った施設見学で学んだことについて、付箋を使いグループワークを行いました。受け入れ施設の方と見学に行った看護師が同じグループになり、各施設見学での看護の役割や自分の職場で役立てることなどについて、意見交換をしました。
 初めての事で、今回は当院看護師の参加が多かったですが、参加者した看護師からは、多くの職場・幅広い年代の看護師に参加を勧めたいとのことでした。

 次回の第4回しまだ看護つなぎ隊は11月21日(水)の開催予定となっております。
 島田で働く看護職ならどなたでも参加できますので、市内の看護職の方は是非ご参加ください。