2018年7月17日火曜日

第2回市民ふれあい講座「ころばん塾」を開催しました。

今年も外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」が開催されました。

平成30年度の第2回となる今回のテーマは、「ころばん塾」。講師は当院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の藪崎看護師が務めました。

「ちょっとした段差に足をとられて転んでしまう。」というようなこと、皆さんには経験ありますでしょうか。年齢を重ねるにつれ、筋力が衰え、姿勢も変わってきて、どうしても転びやすくなってしまうものです。今回は、「転ばない体を作る体操」についてを会場の皆さんと一緒に体験しました。

「転ばない体を作る体操」は、ちょっとした空き時間に出来る「ちょいトレ」(監修:武藤芳照先生)(下記の写真参照)です。

ちょいトレ1:足指グッパ
ちょいトレ2:ゆるゆるひざ曲げ
ちょいトレ3:のびからハト胸
ちょいトレ4:足ぶらバランス
その他:つま先あげ体操

講師曰く「気持ちい良いくらい」がベストとのこと、

参加された皆さんは、講師の指導のもとに楽しそうに体操をしていました。

暑い日が続いていますが、涼しい場所で「ちょいトレ」をして元気に過ごしましょう。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催します。
次回は8月14日(火)10時頃から「ラッタッタ体操」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!











「転倒予防のコツ伝授」講座資料
監修:武藤芳照

2018年7月12日木曜日

七夕コンサートを開催しました。

平成30年7月6日(金)午後7時から待合ホールにおいて、七夕コンサートを開催しました。
このコンサートは、病気や怪我と闘っている入院患者さんに音楽等を通じてリラックスできる時間をすごしていただき、少しでも早く元気になっていただきたいとの思いから、年2回(七夕とクリスマス)開催しています。今回は薬剤部が準備や当日の進行を行いました。
会場は七夕かざりが飾られ、司会者は仕事で着ている白衣から浴衣姿に着替え、いつもの玄関ホールが七夕コンサートの雰囲気に変わりました。

はじめに演奏いただいたのは、「静岡歌うボランティア WATABOSE(わたぼうず)」さんです。男性2人女性1名で演奏いただきました。
”歌うたいのバラッド”や、映画どらえもんの主題歌にもなった”ひまわりの約束”などテレビ等でも耳にすることが多い選曲で患者さんも聴き入っていました。すごくかっこよく、熱が伝わってくる演奏でした。



次に演奏いただいた「うたごえドレミ」さんです。女性6名で演奏いただきました。
「うたごえドレミ」さんは会場の皆さんには聞いてもらうのではなく、一緒に歌いましょうと声をかけて会場を巻き込んで演奏してくれました。はじめはなかなか声が聞こえてきませんでしたが、アンコールでは会場が一つになり大合唱でした。



会場にいた患者さんも歌声に癒され、また元気をもらったことと思います。出演いただいた皆さん素敵な演奏をありがとうございました。


2018年7月10日火曜日

第1回市民ふれあい講座「食中毒について」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第1回目を7月10日に開催しました。


今年は例年より少し早く梅雨が空け、予報では、この先1週間は、体にこたえる暑さが続くとのこと、熱中症・食中毒に十分注意し体調を崩さないよう、お気をつけください。

今回のテーマは、「食中毒について」です。講師は当院の野村感染管理認定看護師が務めました。
6月から8月は細菌による食中毒が増加します。「サルモネラ菌」や「O-157」などは良く耳にしますが、あまり聞いたことがない「ウエルシュ菌」にも注意が必要です「ウエルシュ菌」は、カレー、シチュー、スープ、麺つゆなどのように、食べる日の前日に大量に加熱調理され、大きな器のまま室温で放冷されていた事例が多く見られるとのこと。今の時期は、カレーを作り置き・食べ残しを一晩置くなどする場合、タッパ等に移し替え、冷蔵保存することが必要と説明がありました。

次に食中毒にならないための3つのポイント「菌を付けない」、「菌を増やさない」、「菌をやっつける」を紹介しました。
菌を付けないためには、調理器具や手をしっかり洗ってからきれいな状態で料理、食事をすること。
菌を増やさないためには、菌が活性化する高温に食物を置いておかないで、すぐに冷蔵庫等にしまって低温にすること。
菌をやっつけるためには、食物にはしっかりと熱を通すこと。75度で1分以上加熱することでほどんどの菌は死滅すると言われています。
最後にポイントの1つ「菌を付けない」の基本となる手の消毒の仕方をアルコール製剤を使って皆さんで実践しました。

ポイントを守って食中毒にならないように心がけましょう。


「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は7月17日(火)10時頃から「ころばん塾」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。








リハビリテーション指導室による移乗動作の介助講習を行いました

今回は当院のリハビリテーション指導室の理学療法士の講師のもと、当院の看護師を対象とした移乗動作(ベッドから車椅子へ乗り移る動作)の介助講習を行いました。
介助には、全介助と一部介助があります。一部介助とは、生活に必要な動作を本人の力と介助者の力を少しだけ加えたサポートのこと。全介助とは、動作全てを全面的に介助を行うことをいいます。こうした患者さんの状態に応じた移乗動作について、講師から説明がありました。
基本は、患者さんの一つ一つの動作に対して、患者さんの体だけでなく自分の体にも負担がかからない事。コツを抑えて小さな力で行い、余力を残しておくことが大切です。無理をすると、患者さんの転倒・転落などのリスクに繋がります。
看護師は、普段から患者さんの介助を行うことが多いですが、専門家である理学療法士から実技を通して、技術のスキルアップを図りました。
当院はこれからも皆さんに安心して来院していただけるよう、努力していきます。








2018年7月9日月曜日

新病院建設「現場リポート重機紹介Vol.3」

これまで紹介した重機が、実際に杭工事を行っている状況を動画でご紹介します。
現在実施している工事は新病院の浄化槽棟ですが、新病院本体でも同様の杭工事が行われます。
なお、既存病院に近い位置で作業を行っているため、安全に十分注意して作業を行っています。

新病院建設「現場リポート 重機紹介 Vol.2」

今回紹介する重機は「アースオーガー」と呼ばれる、杭工事において最も重要な役割を担う重機です。
建物を支える杭を施工するために支持層まで地面を掘り進めます。
この現場では、深いところで支持層が現状地盤から約40m下にあります。
軟弱地盤対策としてとても重要な工事です。

動画は、地面を掘り進めている様子です。











2018年7月6日金曜日

静岡県自治体病院協議会球技大会中部予選が行われました。

晴天のもと、6月30日(土)に静岡県自治体病院協議会球技大会中部予選(ソフトボール、女子バレーボール)が行われました。

ソフトボールは、県立こころの医療センターの強打に屈し、残念ながら初戦敗退となりました。

女子バレーボールは、参加チームの都合により県大会に出場することが決定してますが、安定した攻撃力と守備力で主催病院相手に見事勝利を収めました。
県大会(日程未定)でも勢いそのままに戦ってほしいと思います。

ソフト・バレーそれぞれに今年度の新規採用職員が参加するなど、応援に駆けつけた職員がいたりと、職員間の交流としても良い大会だったと感じました。
参加した職員の皆様、お疲れ様でした。

結果
ソフトボール
 市立島田市民病院 4-24県立こころの医療センター
女子バレーボール
 市立島田市民病院 2-0 榛原総合病院