2018年11月13日火曜日

第9回市民ふれあい講座「脳卒中 症状出たら、すぐ受診!」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第9回目を11月13日に開催しました。
今回のテーマは、「脳卒中 症状出たら、すぐ受診!」です。講師は当院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の松林看護師、症状を紹介する劇では、脳神経外科病棟の萩原主任看護師が演者を務めました。
脳卒中は、脳の血管が原因で起こる疾患「脳梗塞」「脳出血」「クモ膜下出血」の総称で、脳血管疾患とも呼ばれています。この疾患以前は、日本人の死因の1番でしたが、ここ数年は、「悪性新生物(ガン)」「心疾患」「肺炎」に次ぐ4番となっています。しかし、実は介護が必要となる主な疾患としては、脳卒中が1番だそうです。医学の進歩により、脳卒中で亡くなることは、少なくなりましたが、元気な方が突然、介護が必要な状態となってしまう場合もある、とても怖い疾患です。どうしたら脳卒中を防ぐことができるのでしょうか。
まずは、脳卒中にならないように日頃から予防することです。上図が脳卒中予防の10カ条です。全部が無理でもできることから、生活習慣を改善していきましょう。
次は、今回のテーマでもある「症状が出たら、すぐ受診!」です。萩原主任看護師のある症状を再現した劇から、気を付けたい症状の解説がありました。症状のポイントは、早くの英単語「FAST」で覚えると簡単です。「FAST」の1文字をそれぞれ、Face=顔の麻痺、Arm=腕(足)の麻痺、Speech=言葉の麻痺で覚えましょう。
最後のTはTimeで、発症時刻のこと、脳卒中は治療の遅れが命に関わるだけでなく、後遺症の大小にも関わってきます。特に発症から4.5時間以内(院内検査時間を含めて)が、血栓を溶かす薬を使えるかの目安、発症時間が不明な場合も使用できないとのことです。症状が出た場合は、すぐに受診することが大切です。
最後にホワイトボードを使って、脳卒中が起こる仕組みの解説もあり、とても盛り沢山の講座に多くの皆さんが立ち寄ってくれました。
「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は11月20日(火)10時頃から「肩こりにならないために」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!
今後のスケジュールはこちらをご覧ください。

2018年11月7日水曜日

第4回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ

【第4回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ】
~お互いの仕事を知ってつながろう ~

11月21日(水)に当院で第4回しまだ看護つなぎ隊を開催します。
今回は「腎不全について」と「透析患者の日常生活について」をテーマに講義を行った後、「腹膜透析用医療機器」の実演を行います。
島田市内で働く看護師さんなら誰でも参加いただけますので、皆さん是非参加してみて下さい!
申込みは下記のチラシでFAXをいただくか、問合せまでご連絡ください。
【申込み締切:11月16日(金)】

★過去の開催の様子★
【第1回】
【第2回】
【第3回】

2018年10月19日金曜日

第3回しまだ看護つなぎ隊を開催しました。

 10月17日(水)13:30~第3回「しまだ看護つなぎ隊」を開催しました。
 第3回目の今回は糖尿病に関する講演とグループワークを行いました。

 第1部として、当院の糖尿病・内分泌内科の大石医師が講師を務め「糖尿病の治療と在宅での生活管理上の注意点」と題して講演を行いました。糖尿病の薬の種類や特徴からシックディの対応方法などを説明し、糖尿病に対する薬物治療の理解を深めました。

 第2部として、8月~9月に行った施設見学で学んだことについて、付箋を使いグループワークを行いました。受け入れ施設の方と見学に行った看護師が同じグループになり、各施設見学での看護の役割や自分の職場で役立てることなどについて、意見交換をしました。
 初めての事で、今回は当院看護師の参加が多かったですが、参加者した看護師からは、多くの職場・幅広い年代の看護師に参加を勧めたいとのことでした。

 次回の第4回しまだ看護つなぎ隊は11月21日(水)の開催予定となっております。
 島田で働く看護職ならどなたでも参加できますので、市内の看護職の方は是非ご参加ください。






2018年10月16日火曜日

第8回市民ふれあい講座「寝たきり予防の足の爪切り」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第8回目を10月16日に開催しました。

今回のテーマは「寝たきり予防の足の爪切り」です。講師は皮膚排泄ケア認定看護師の八木看護師が務めました。
皆さん1日の中で「足」のことを考えている時間はありますか。この問いかけから今回の講義は、始まりました。普段、意識して足のことを考えている時間はあまり無いかもしれませんが、「足」は、社会生活を送るうえでとても大切であると、講師は訴えかけました。なんと、「人間は生涯の内に平均17.7万Kmを歩く(地球約4週)」のだとか。足は、陰ながら頑張ってくれているのです。ですから少しは、「足」のことに気に掛けてもらいたいのです。


足の働きの中でも、転ばない秘訣はズバリ!「足の爪」にあるとのこと、足の指と同じ長さで爪を切ることと足をきれいに洗うことが、ポイントとのこと。

正しい爪切りをすることで、踏ん張りが最大限きくようになります。



そして、足に感謝する意味でも、お風呂の時に足をきれいに洗いましょう。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は11月13日(火)10時頃から「脳卒中について」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。

2018年10月10日水曜日

第3回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ

【第3回 しまだ看護つなぎ隊開催のお知らせ】
~お互いの仕事を知ってつながろう ~

10月17日(水)に当院で第3回しまだ看護つなぎ隊を開催します。
今回は「糖尿病の治療と在宅での生活管理上の注意点」と「看護師の施設における仕事と役割」をテーマに講義などを行います。
島田市内で働く看護師さんなら誰でも参加いただけますので、皆さん是非参加してみて下さい!
申込みは下記のチラシでFAXをいただくか、問合せまでご連絡ください。
【申込み締切:10月15日(月)】
★過去の開催の様子★
【第1回】
【第2回】

2018年10月9日火曜日

第7回市民ふれあい講座「やってみよう スキンケア」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第7回目を10月9日に開催しました。

今回のテーマは、「やってみよう スキンケア」です。講師は当院の皮膚排泄ケア認定看護師の山本看護師が務めました。


今年の夏は、とても暑かったですが、急に朝晩が寒く空気が乾燥してきており、お肌のトラブルが出てくる季節になってきました。皆さんは、キチンととスキンケアをしているでようか?
今回の講座は、ご自分の肌の状態を把握し、スキンケアの必要性と正しいやり方について、お伝えします。

はじめに、乾燥肌のセルフチェックを行いました。

どの程度該当したでしょうか。「自分は乾燥肌じゃない」という方でも1~2個は心当たりがあるのではないでしょうか。肌の弱い方だけでなく、年を重ねるとどうしても肌は、乾燥してくるとのこと。

このまま肌の乾燥をほっておくと、美容面だけではなく、バリア機能の低下を招き、色々な肌トラブルの原因となってきます。ここで必要なのが「スキンケア」です。
ではどういったスキンケアをすればいいのか、実践を交えて説明しました。



体の洗い方として、ボディソープはしっかりと泡立てて洗うことで汚れが取れるので、摩擦を与えないように手で洗うのがいいようです。実践では両腕に蛍光ペンで落書きして、ボディソープをそのまま付けた場合と、泡立てて付けた場合の汚れの落ち方を比べました。そのまま付けた場合は擦らなければ落ちないのですが、泡立てた場合は汚れが浮き上がり流すだけで落とすことができました。




その他、肌の弱い方には、乾燥と摩擦を予防するための洗浄→保湿→保護が大切のようです。お困りの方はもう一度見直してみてください。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は10月16日(火)10時頃から「寝たきり予防の足の爪切り」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。

2018年9月26日水曜日

平成30年度第1回しまだがん患者サロンを開催しました。

平成30年9月19日(水)、当院健診センター3階で、今年度第1回目のしまだがん患者サロンを開催しました。「がんサロン」とは、がん患者さんとご家族が集まり、交流や情報交換をする場のことです。

今回は、当院だけではなく他院通院中の方とそのご家族にも対象を広げて開催しました。
当日は、患者さんとそのご家族10名が参加して下さいました。また静岡県対がん協会の方1名と、ピアサポーターさん2名のご協力を頂きました。
ピアサポーターとは、ご自身ががんという病気を体験した人、またはそのご家族が研修を受けて、ピア(仲間)として「体験を共有し、ともに考える」ことで、がん患者やそのご家族などを支援していく人のことです。



お菓子とお茶をご用意し、音楽の流れる、ゆったりとした雰囲気の中でサロンが始まりました。まず、静岡対がん協会から、「がんサロン」についての説明とピアサポーターさんの紹介がありました。ピアサポーターさんを含め、がん患者さんやご家族にそれぞれ自己紹介やこれまでの経過、今考えていることなどをお話しいただきました。最後に、当院臨床心理士からのリラックス法により、疲れたからだと気持ちをほぐしていただきました。

今回のサロンでは、抗癌剤治療の副作用の1つである脱毛は、実際に体験すると、想像以上の不安やストレスを感じるという話が出ました。ピアサポーターさんから、がん患者さんのご家族考案の、普通のタオル1枚で作られたタオル帽子の紹介がありました。大変好評だそうで、サロン終了後には、藤枝市の『乳がん患者会あんだんて』さんよりご寄付いただいたタオル帽子を、参加者のみなさんに実際に見ていただきました。

終了後のアンケートから、「悩んでいるのが自分だけではないことが分かった」「気持ちを話すことができた」の感想が多かったです。また、ほとんどの方からまた参加したいという好評をいただきました。
参加した方たちが、今後の生活のために、1つでもヒントを見つけて帰っていただけるように、今後も継続してサロンを開催していきたいと思います。

次回開催は、平成31年3月6日(水)を予定しております。またあらためてウェブサイトや院内掲示等でご案内していきます。みなさま、お気軽にご参加下さい。