2018年9月18日火曜日

第6回市民ふれあい講座「骨粗鬆症予防のための食生活」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第6回が開催されました。
今回のテーマは「骨粗鬆症予防のための食生活」。講師は当院の管理栄養士でNST専門療法士の山田主任栄養士が務めました。

骨粗鬆症とは、骨がスカスカになり、骨の強度が低下して、骨折しやすくなる病気です。
骨粗鬆症は、日本の総人口の10%弱、日本人の推計で1,100万人と考えられており、8割が女性で、60歳代女性の3人に1人、70歳代女性の2人に1人と推定されています。男性も高齢になると骨量が減りやすく、だれでもなりえる病気です。

これは 骨の新陳代謝を表しています。身体の細胞と同じで、丈夫でしなやかな骨を保つために、絶えず古い骨を壊し新しい骨に作り変え、活発な新陳代謝をしているのです。

次に、骨粗鬆症治療時に推奨される食品、過剰摂取を避けたほうが良い食品について、説明がありました。
過剰摂取を避けたほうが良い食品は、リンを多く含む食品で、加工肉やインスタント食品、スナック菓子、炭酸飲料などです。リンや食塩、カフェイン、アルコールの過剰摂取はカルシウムの吸収を妨げます。
推奨される食品は、牛乳・乳製品や大豆製品、肉や魚・卵・大豆などのたんぱく質や、野菜類などす。ビタミンDやビタミンKは、カルシウムの吸収を助けます。これらを過不足がないようバランスよく摂取することが大切とのこと。

最後に、簡単につくれる「骨粗鬆症予防料理」の紹介がありました。今夜の一品にどうでしょうか。

「市民ふれあい講座」は、毎月2回、火曜日に開催します。
次回は、10月9日(火)の午前10時頃からの開催となります。ご来院の際には、ぜひご参加ください。

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。








2018年9月13日木曜日

「防災の日」メニューの食事を提供しました。

当院では9月7日に防災訓練を行いました。
当日は入院患者さんの夕食を「防災の日」メニューとして、一部に防災食を使用した食事を提供しました。
なお、万が一の災害等の際に提供を予定している防災食も写真で紹介します。


  



総合防災訓練を行いました。

9月7日(金)、当院にて総合防災訓練を行ないました。
 この訓練は、「島田市に震度6弱の地震が発生し、その地震により火災が発生した」という想定のもと、下記の内容で実施しました。

1 緊急地震速報対応訓練
2 火災通報訓練
3 初期消火訓練
4 避難誘導訓練
5 炊き出し訓練

避難誘導訓練では、実際にエアーストレッチャー等避難用具を使い、各病棟から1階の避難口まで模擬患者を運びました。
また、炊き出し訓練では災害用の大きな鍋を使い、さくらご飯を作りました。途中で、お米が入ったビニール袋が破裂するハプニングもありましたが、おいしいご飯ができ、参加者に振舞われました。
訓練中も想定外のことが起き、改めて災害時の対応の難しさを感じるとともに、それぞれの役割を見直す機会となりました。






2018年9月11日火曜日

第5回市民ふれあい講座「後悔しないための乳がん検診」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第5回が開催されました。


今回のテーマは「後悔しないための乳がん検診」。講師は当院の廣澤副主任診療放射線技師が務めました。
乳がんで亡くなる女性は2013年には1万3000人を超え、35年前と比べて3倍以上にもなっています。厚生労働省が発表した 「 人口動態統計」では、2017年の乳がんによる死亡数は14,285人[予測数(女性)]と増加し続けています。また、女性の30歳から64歳では、乳がんが死亡原因のトップとなっています。

更に、最近のデータで罹患率を見ると、日本人女性の11人に1人が乳がんになると言われています。これは、他人事とは言えない数字です。



乳がんは30代から増加しはじめ 、40代後半から50代前半にピークを迎えるという統計データがあり、若いうちから乳がんに関心を持つことが必要とのこと。また、予防方法がなく、初期症状がほぼないことから、定期的に検診を受診して、早期発見をすることが、最も大切です(乳がん初期(しこりが2cm以下)であれば、10年生存率は90%以上)。


乳がん検診には、視触診、超音波検査、マンモグラフィーがあります。マンモグラフィーは、40歳~74歳を対象とした検診で、死亡率を減少させる効果が証明されていますが、質の高い健診でも10~15%の割合で異常を写し出すことが難しい場合があります。日頃の自己検診と定期的な乳がん検診の併用が効果的とのこと。
講演では、更に自己診断へのやり方や模型を使ったしこりの体験が行われました。他人事とは、思わないで、ぜひ乳がん検診を受けてください。


お知らせ:10月21日(日)に「ジャパン・マンモグラフィーサンデー2018」を実施します。平日は仕事で検査を受けにいけない方、日曜日でないと子どもを預かってもらえない方など、ぜひ、この機会にマンモグラフィー検査を受けましょう!→【当院】ジャパン・マンモグラフィーサンデーのご案内ページ

「市民ふれあい講座」は、毎月2回、火曜日に開催します。
次回は、9月18日(火)の午前10時頃からの開催となります。ご来院の際には、ぜひご参加ください。


2018年8月28日火曜日

現場リポート 工事進捗状況のお知らせ

新病院本体工事に先行して進めている浄化槽棟工事について、掘削工事が完了しました。

今後は基礎・躯体工事を行っていきます。

動画は掘削工事が完了するまでの様子です。(撮影期間 7月11日~8月11日)



2018年8月24日金曜日

島田市地域医療支援する会設立10周年記念「地域医療と介護の連携を考える」講演会が開催されます。

島田市地域医療を支援する会は、島田市の地域医療の現状を把握し支援できることを市民の立場から実行することを目的に2009(平成21)年4月に設立された市民団体で、今年度10年目を迎えます。今回、その記念として以下のとおり講演会を開催します。是非、ご来場ください。

「地域医療と介護の連携を考える」講演会

日時:平成30年9月8日(土)13:30~(開場13時)
場所:島田市地域交流センター「歩歩路」
入場無料
第一部:「地域医療と地域包括ケア」講師:松岡良太氏(当院救急科主任部長)
第二部:「島田市における地域包括ケアシステム」講師:守谷佳子氏(島田市包括ケア推進課係長)
第三部:「訪問看護ステーションの役割と活動の状況」講師:紅林みな子氏(島田市健康づくり課技監)
主催:島田市地域医療を支援する会
共催:静岡県中部健康福祉センター、島田市
後援:島田市民病院、島田市医師会、島田市歯科医師会、島田市薬剤師会、島田市自治会連合会、島田商工会議所、島田市商工会






2018年8月21日火曜日

第4回市民ふれあい講座「介護保険について」を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第4回目を8月21日に開催しました。

今回のテーマは、「介護保険について」です。講師は当院地域医療支援センターの医療ソーシャルワーカーである山西一史が務めました。



講師から介護保険の仕組みから、どういった方が対象となるのか、説明がありました。

第1号被保険者(65歳以上)
第2号被保険者(40歳~64歳)
 介護保険は、第1号被保険者(65歳以上)、第2号被保険者(40歳~64歳)が対象になります。但し、第2号被保険者は、特定疾病が原因であることが要件となっています。介護保険の申請には、介護保険証(第2号の方は健康保険証)が必要です。申請してから原則30日以内に区分決定されます。
介護保険に必要なもの
介護保険の区分
その他、利用できる介護サービスの概要、利用できる施設の概要についての説明がありました。

全国的に高齢者が増加し、介護・医療の必要性がより一層高まっている中、受けられる介護サービスも多様化してきています。

介護保険の申請窓口
ご不明な点は、介護保険の申請窓口に合問い合わせください。

当院の「地域医療支援センター」では、介護サービスの事の他、病気のよろず相談、がん相談、入院・退院支援など、いろいろな問題に対して相談をお受けし、関係部署と連携して対応しています。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は9月11日(火)10時頃から「後悔しないための乳がん検診(仮称)」を開催します。来院された際は、ぜひお立ち寄りください!

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。